主なアレルギー薬の小児用量のまとめ

アレジオン(一般名:エピナスチン塩酸塩)

1日1回、エピナスチン塩酸塩として0.25~0.5mg/kg
適宜増減:○
上限:エピナスチン塩酸塩として20mg/日

年齢別標準投与量(ドライシロップ):アレルギー性鼻炎

年齢:3歳以上7歳未満 (標準体重:14kg以上24kg未満)
1日用量:0.5~1g(エピナスチン塩酸塩として5~10mg)

年齢:7歳以上 (標準体重:24kg以上)
1日用量:1~2g(エピナスチン塩酸塩として10~20mg)

 

 

ジルテック(一般名:セチリジン塩酸塩)

ジルテック錠5mg

7歳以上15歳未満の小児
セチリジン塩酸塩として1回5mgを1日2回、朝食後及び就寝前。

ジルテックドライシロップ1.25%

2歳以上7歳未満の小児
1回0.2g(セチリジン塩酸塩として2.5mg)を1日2回、朝食後及び就寝前。
7歳以上15歳未満の小児
1回0.4g(セチリジン塩酸塩として5mg)を1日2回、朝食後及び就寝前。

 

 

ザイザル(一般名:レボセチリジン塩酸塩)

ザイザル錠5mg

7歳以上15歳未満の小児
レボセチリジン塩酸塩として1回2.5mgを1日2回、朝食後及び就寝前。

ザイザルシロップ0.05%

6ヵ月以上1歳未満の小児
1回2.5mL(レボセチリジン塩酸塩として1.25mg)を1日1回経口投与する。

1歳以上7歳未満の小児
1回2.5mL(レボセチリジン塩酸塩として1.25mg)を1日2回、朝食後及び就寝前に経口投与する。

7歳以上15歳未満の小児
1回5mL (レボセチリジン塩酸塩として2.5mg)を1日2回、朝食後及び就寝前に経口投与する。

 

 

クラリチン(一般名:ロラタジン)

クラリチン錠10mg、クラリチンレディタブ錠10mg

7歳以上の小児
ロラタジンとして1回10mgを1日1回、食後。

クラリチンドライシロップ1%

3歳以上7歳未満の小児
ロラタジンとして1回5mg(ドライシロップとして0.5g)を1日1回食後。

7歳以上の小児
ロラタジンとして1回10mg(ドライシロップとして1g)を1日1回食後。

 

 

アレグラ(一般名:フェキソフェナジン塩酸塩)

アレグラ錠30mg、アレグラ錠60mg、アレグラOD錠60mg

7歳以上12歳未満の小児
フェキソフェナジン塩酸塩として1回30mgを1日2回。
適宜増減:○

12歳以上の小児
フェキソフェナジン塩酸塩として1回60mgを1日2回。
適宜増減:○

アレグラドライシロップ5%

6ヵ月以上2歳未満の小児
フェキソフェナジン塩酸塩として1回15mg(ドライシロップとして0.3g)を1日2回。適宜増減×

2歳以上7歳未満の小児
フェキソフェナジン塩酸塩として1回30mg(ドライシロップとして0.6g)を1日2回。適宜増減×

7歳以上12歳未満の小児
フェキソフェナジン塩酸塩として1回30mg(ドライシロップとして0.6g)を1日2回。適宜増減○

12歳以上の小児
フェキソフェナジン塩酸塩として1回60mg(ドライシロップとして1.2g)を1日2回。適宜増減○

 

 

アレロック(一般名:オロパタジン塩酸塩)

アレロックOD錠2.5mg、アレロックOD錠5mg、アレロック錠2.5mg、アレロック錠5mg

7歳以上の小児
オロパタジン塩酸塩として1回5mgを朝及び就寝前の1日2回。

アレロック顆粒0.5%

2歳以上7歳未満の小児
オロパタジン塩酸塩として1回2.5mg(顆粒剤として0.5g)を朝及び就寝前の1日2回。

7歳以上の小児
オロパタジン塩酸塩として1回5mg(顆粒剤として1g)を朝及び就寝前の1日2回。

 

 

ザジテン(一般名:ケトチフェンフマル酸塩)

ザジテンドライシロップ0.1%

小児には1日量ケトチフェンとして0.06mg/kgを2回、朝食後及び就寝前。
適宜増減:○

年齢別の標準投与量

通常、下記の用量を1日量とし、1日2回、朝食後及び就寝前に分け、経口投与する。

年齢:6カ月以上3歳未満
1日用量:0.8g(ケトチフェンとして0.8mg)

年齢:3歳以上7歳未満
1日用量:1.2g(ケトチフェンとして1.2mg)

年齢:7歳以上
1日用量:2.0g(ケトチフェンとして2.0mg)

ただし、1歳未満の乳児に使用する場合には体重、症状などを考慮して適宜投与量を決めること。

ザジテンシロップ0.02%

小児には1日量0.3mL/kg(ケトチフェンとして0.06mg/kg)を2回、朝食後及び就寝前。
適宜増減:○

年齢別の標準投与量

通常、下記の用量を1日量とし、1日2回、朝食後及び就寝前に分けて経口投与する。

年齢:6ヵ月以上3歳未満
1日用量:4mL(ケトチフェンとして0.8mg)

年齢:3歳以上7歳未満
1日用量:6mL(ケトチフェンとして1.2mg)

年齢:7歳以上
1日用量:10mL(ケトチフェンとして2.0mg)

 

 

セルテクト(一般名:オキサトミド)

セルテクトドライシロップ2%

小児にはオキサトミドとして1回0.5mg/kgを朝及び就寝前の1日2回経口投与。
適宜増減:○

上限:オキサトミドとして0.75mg/kg

 

 

オノン(一般名:プランルカスト水和物)

オノンドライシロップ10%

通常、小児にはプランルカスト水和物として1日量7mg/kgを朝食後および夕食後の2回に分け、用時懸濁して経口投与。

適宜増減:○

1日最高用量:プランルカスト水和物として10mg/kgとする。ただし、プランルカスト水和物として成人の通常の用量である450mg/日を超えないこと。

体重別の標準投与量

通常、下記の用量を1回量とし、1日2回、朝食後および夕食後に経口投与する。 12kg以上18kg未満:0.5g(プランルカスト水和物として50mg)
18kg以上25kg未満:0.7g(プランルカスト水和物として70mg)
25kg以上35kg未満:1.0g(プランルカスト水和物として100mg)
35kg以上45kg未満:1.4g(プランルカスト水和物として140mg)

オノン(プランルカスト水和物)の特徴

キプレス・シングレア(一般名:モンテルカストナトリウム)

細粒

通常、1歳以上6歳未満の小児にはモンテルカストとして4mg(細粒1包)を1日1回就寝前に経口投与する。

 

チュアブル錠

通常、6歳以上の小児にはモンテルカストとして5mgを1日1回就寝前に経口投与する。

キプレス・シングレア(モンテルカストナトリウム)の特徴

ステロイド点鼻液の小児用量と使用可能年齢一覧

読んでおきたい薬学関連書籍

新小児薬用量改訂第5版


楽天 送料無料 楽天スーパーポイントが貯まる!
Amazon 通常配送料無料
7neticon 送料無料キャンペーン中 nanacoポイントが貯まる!
bk1 2012年も全品送料無料
ブックオフicon 中古品を格安で手に入れられることも。探してみる価値あり!


合わせて読みたい関連書籍