トレドミン錠(一般名:ミルナシプラン塩酸塩)はSNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬;Serotonin-Noradrenalin Reuptake Inhibitor)の抗うつ薬。 第4世代抗うつ薬に分類されます。適応はうつ病・うつ状態。

 

特徴

  • 他の脳内神経伝達物質受容体(α1、H1、ムスカリン性アセチルコリン等)は親和性が認めらず、安全性が高い。
  • 前シナプスのセロトニン1A受容体の脱感作が早く、速効性が期待される 心機能に及ぼす影響が少ない。
  • 大部分が未変化体のまま排泄される。残りはグルクロン酸抱合により代謝されるため、CYPが関係するような薬物相互作用の問題が起こりにくい。

 

禁忌

併用禁忌
モノアミン酸化酵素(MAO)阻害剤(セレギリン塩酸塩(エフピー))のみ。

疾病禁忌
尿閉(前立腺疾患等)のある患者

高齢者男性に投与する場合は処方鑑査時に注意が必要。トレドミンはノルアドレナリン再取り込み阻害作用を有するため、膀胱括約筋のα1受容体を刺激し、排尿困難を誘発することがある。

 

トレドミン錠の作用機序

脳内神経接合部において神経伝達物質であるセロトニンおよびノルアドレナリンの再取り込み部位に選択的に結合し、その取り込みを阻害することで抗うつ効果を表します。

<参考文献>
トレドミン添付文書 インタビューフォーム 製品情報概要 プレスリリース

 

「SSRI」関連