抗不整脈薬のVaughan Williams(ヴォーン ウィリアムス)分類

分類 作用機序 薬剤名
Ⅰ群 Ⅰa Naチャネル
抑制作用
活動電位
持続時間延長
アミサリン(プロカインアミド塩酸塩)
リスモダン(ジソピラミド)
シベノール(シベンゾリンコハク酸塩)
ピメノール(ピルメノール塩酸塩)
アジマリン
硫酸キニジン(キニジン硫酸塩)
Ⅰb 活動電位
持続時間短縮
メキシチール(メキシレチン塩酸塩)
アスペノン(アプリンジン塩酸塩)
フェニトイン
リドカイン
Ⅰc 活動電位
持続時間不変
プロノン(プロパフェノン塩酸塩)
タンボコール(フレカイニド酢酸塩)
サンリズム(ピルシカイニド塩酸塩水和物)
Ⅱ群 β遮断作用 インデラル(プロプラノロール塩酸塩)
ナディック(ナドロール)
Ⅲ群 Kチャネル抑制
活動電位持続時間延長
アンカロン(アミオダロン塩酸塩)
ソタコール(ソタロール塩酸塩)
シンビット注(ニフェカラント塩酸塩)
Ⅳ群 Ca拮抗作用 ワソラン(ベラパミル塩酸塩)
ヘルベッサー(ジルチアゼム塩酸塩)
ベプリコール(ベプリジル塩酸塩水和物)


 

抗不整脈薬には様々な作用機序を有するものがあり、Vaughan Williams(ヴォーン ウィリアムス)分類ではそのどこかに入れなければならないという無理が指摘されていました。

現在臨床的にはSicilian Gambit の新分類法の方が使用価値は高いです。

 

関連書籍