「過活動膀胱」の記事一覧

ネオキシテープ73.5mg 旭化成ファーマと久光製薬の違い

抗コリン薬

2013年(平成25年)6月27日発売予定の経皮吸収型過活動膀胱治療剤「ネオキシテープ73.5mg」(一般名:オキシブチニン塩酸塩)は久光製薬が製造、販売は旭化成ファーマと久光製薬の2社が共同で行います。問題点は旭化成ファーマのネオキシテープ73.5mgと久光製薬のネオキシテープ73.5mgとでは包装が異なること。薬局を変えたら、急に違う色のものが渡されて患者さんが戸惑うといったことが起こりそうです。さて、旭化成ファーマと久光製薬。どちらの商品を在庫しましょうか?

ネオキシテープ73.5mgの薬価(過活動膀胱治療のテープ剤)

抗コリン薬

久光製薬から発売予定のネオキシテープ73.5mgは過活動膀胱治療薬として初のテープ剤。成分はオキシブチニン塩酸塩で、内服薬ではすでにポラキス錠が使用されています。ネオキシテープ73.5mg 1枚 189.40円(1日薬価189.40円)。ネオキシテープの薬価はベシケア錠5mg、ベシケアOD錠5mgの薬価(189.40円/5mg 1錠)を基に算定されました。過活動膀胱の治療に新たな選択肢が加わります。

ネオキシテープ73.5mg(オキシブチニン塩酸塩)

抗コリン薬

ネオキシテープ73.5mg(一般名:オキシブチニン塩酸塩)の特徴、作用機序、薬価、薬効、効能・効果、用法・用量、副作用について。ネオキシテープ73.5mgは過活動膀胱治療薬としては国内で初めての経皮吸収型のテープ剤で、既に発売されているポラキス錠と同じ成分です。久光製薬と旭化成ファーマから発売予定。内服薬のポラキス錠は口渇の副作用の発現率が高く、近年発売されたベシケア錠(一般名:コハク酸ソリフェナシン)やデトルシトール錠(一般名:酒石酸トルテロジン)等に切り替えられる例が多く見られました。また、ポラキス錠は1日3回の服用が必要であることも敬遠される要因の一つとなっていました。このネオキシテープは1日1回の貼付で効果が持続し、口渇等の副作用が錠剤よりも軽減されます。

ベタニス錠(ミラベグロン)

β3刺激薬

ベタニス錠(一般名:ミラベグロン)の特徴、薬効、効能・効果、用法・用量、相互作用、副作用について。ベタニス錠は2011年9月16日にアステラス製薬から発売された世界初の選択的β3受容体刺激薬。過活動膀胱の治療薬。

バップフォー(プロピベリン塩酸塩)

抗コリン薬

バップフォー(プロピベリン塩酸塩)の特徴・作用機序・効能・効果・副作用などについてまとめています。バップフォーは抗ムスカリン作用(抗コリン作用)とカルシウム拮抗作用をもつ薬剤で頻尿、尿失禁に対して用いられます。アセチルコリンの受容体サブタイプ非選択的ではありますが、血漿、顎下腺、脳に比べ、膀胱への移行性が高いため副作用が出にくくなっています。

ページの先頭へ