トルブタミドは第一世代のスルホニルウレア系(SU剤)経口血糖降下薬。インスリン非依存型糖尿病(2型糖尿病)に使用されます。SU剤のなかでは使用量は大変少なく、処方される機会はほとんどなくなりました。

他のSU剤との効果比較ですが、トルブタミド500mgとグリミクロン(グリクラジド)40mgがほぼ同じ効果とされています。

商品名

トルブタミド錠250mg「トーワ」
ブタマイド錠250(大正富山医薬品株式会社)
ブタマイド錠500(大正富山医薬品株式会社)
ヘキストラスチノン錠0.5g(サノフィ・アベンティス株式会社)

このうち、大正富山医薬品株式会社のブタマイド錠250とブタマイド500は平成24年6月頃に発売中止となります(製造は既に中止となっています)。ブタマイド錠250とブタマイド500の経過措置期間満了は平成25年3月31日ですので、平成25年4月1日以降は保険請求ができなくなります。

経過措置期間移行品目のお知らせ(大正富山医薬品株式会社)

作用機序

スルホニルウレア系経口血糖降下薬(SU剤)の作用機序

効能・効果

インスリン非依存型糖尿病(ただし、食事療法・運動療法のみで十分な効果が得られない場合に限る。)

用法・用量

通常、1日量トルブタミドとして0.5~1.0gを経口投与し、必要に応じ適宜増量して維持量を決定する。ただし、1日最高投与量は2.0gとする。

投与方法は、1回投与の場合は朝食前又は後、2回投与の場合は朝夕それぞれ食前又は後に経口投与する。

ヘキストラスチノン錠0.5g添付文書より

読んでおきたい薬学関連書籍

糖尿病療養指導ガイドブック(2012)

合わせて読みたい関連書籍