患者数

日本国内の認知症患者数は約226万人(2010年)。2020年には300万人を突破すると言われている。

症状

記憶障害、失語、幻覚、妄想、せん妄など

せん妄:突然起こり良くなったり悪くなったり変動し、見当識障害、注意力と思考力の低下、意識レベルの変化を伴う認識障害(メルクマニュアル医学百科家庭版より)

病態

アミロイドβと呼ばれるタンパク質が大脳皮質に沈着することで、神経細胞が変化・脱落し、脳の委縮が進行する。

脳内アセチルコリンが減少し、記憶に関係するアセチルコリン作動性神経細胞が脱落している。

興奮性神経伝達物質のグルタミン酸の受容体であるNMDA受容体が常に活性化していて、神経細胞障害が起きる。

薬物治療

コリンエステラーゼ阻害薬

  • アリセプト(ドネペジル塩酸塩)
  • レミニール(ガランタミン臭化水素酸塩)
  • イクセロンパッチ(リバスチグミン)
  • リバスタッチパッチ(リバスチグミン)

NMDA受容体遮断薬

  • メマリー(メマンチン塩酸塩)

アルツハイマー型認知症治療薬 一覧表 

読んでおきたい薬学関連書籍

認知症の薬物療法


楽天 送料無料 楽天スーパーポイントが貯まる!
Amazon 通常配送料無料
7neticon 送料無料キャンペーン中 nanacoポイントが貯まる!
bk1 2012年も全品送料無料
ブックオフicon 中古品を格安で手に入れられることも。探してみる価値あり


合わせて読みたい関連書籍