2015年9月末で投与日数制限が解除となり、10月1日から長期処方が可能になる薬剤(外用薬)一覧です。

 

アノーロエリプタ7吸入用

一般名:ウメクリジニウム/ビランテロール
会社名:グラクソ・スミスクライン
効能・効果:慢性閉塞性肺疾患(慢性気管支炎・肺気腫)の気道閉塞性障害に基づく諸症状の緩解(長時間作用性吸入抗コリン剤及び長時間作用性吸入β2刺激剤の併用が必要な場合)
特徴・作用機序:ウルティブロに次ぐ2番目のLAMA/LABA配合剤。1日1回吸入。

※長期処方解禁に合わせて「アノーロエリプタ30吸入用」が発売される予定。

 

クレナフィン爪外用液10%

一般名:エフィナコナゾール
会社名:科研製薬
効能・効果:爪白癬
特徴・作用機序:新規トリアゾール系化合物のエフィナコナゾールを有効成分とする日本初の外用爪白癬治療剤。1日1回爪に塗布。ケラチンとの親和性が低く、爪甲での透過性に優れており、爪甲内・爪床で高い抗真菌活性を発揮。ハケと一体型のボトルなのでそのまま塗布できる。

 

ドボベット軟膏

一般名:カルシポトリオール水和物/ベタメタゾンジプロピオン酸エステル
会社名:レオファーマ・協和発酵キリン
効能・効果:尋常性乾癬
特徴・作用機序:カルシポトリオール(ドボネックス)とベタメタゾンジプロピオン酸エステル(リンデロンDP)の配合剤。

 

薬剤師専門雑誌の定期購読