イルトラ配合錠LDとイルトラ配合錠HD(一般名:イルベサルタン/トリクロルメチアジド)は塩野義製薬から発売予定の高血圧治療薬。

イルトラ配合錠LDは1錠中にイルベサルタン100mg/トリクロルメチアジド1mg含有し、イルトラ配合錠HDは1錠中にイルベサルタン200mg/トリクロルメチアジドを1mg含有しています。

 

イルベサルタン含有の医薬品では単剤のアバプロ錠50mg,100mg,200mg、イルベタン錠50mg,100mg,200mgがすでに発売されています。

さらにカルシウム拮抗薬との合剤であるアイミクス配合錠LD(イルベサルタン100mg/アムロジピン5mg)、アイミクス配合錠HD(イルベサルタン100mg/アムロジピン10mg)も処方量が増えつつあります。

 

作用機序

イルベサルタン:アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬(ARB)

トリクロルメチアジド:チアジド系利尿薬 遠位尿細管でのナトリウム再吸収を抑制。

効能・効果

高血圧症

用法・用量

成人には、1日1回1錠(イルベサルタン/トリクロルメチアジドとして100mg/1mg又は、200mg/1mg)を経口投与する。本剤は高血圧治療の第一選択薬として用いない。

イルトラ配合錠の薬価

薬価: 薬価収載前

合わせて読みたい関連書籍