注目

薬剤師に求められるプロフェッショナルスタンダード CL LEVEL5

カテゴリー: [プロフェッショナルスタンダード]
記事公開日:2012年4月20日
最終更新日:2015年6月25日

1-1-4 医療の担い手として、社会のニーズに対応する方法を提案できる
1-1-15 自らの体験を通して、生命の尊さと医療のかかわりについて討議できる
1-1-16 救命救急に薬剤師が関わる意義を説明できる
1-1-17 死にかかわる倫理的問題(安楽死、尊厳死、脳死など)について討議できる
1-1-18 予防、治療、延命、QOLについて説明できる
1-1-19 誕生にかかわる倫理的問題(生殖技術、クローン技術、出生前診断など)の概略と問題点を説明できる
1-1-20 医療の進歩(遺伝子診断、遺伝子治療、移植、再生医療、難病治療など)に伴う生命観の変遷を概説できる
1-1-21 医療にかかわる諸問題から、自ら課題を見いだし、それを解決する能力を醸成する
1-2-8 医療スタッフとのコミュニケーションで、お互いの情報共有と連携を実践できる
1-2-9 他職種と連携を取り、協調的態度で役割を実践できる
1-2-11 相手の立場、文化、習慣が異なることを理解し、コミュニケーションのあり方に配慮できる
1-3-5 相手の心理状態とその変化に配慮し、適切に対応できる
1-3-9 ターミナルケアにおける薬剤師の役割を実践できる
1-3-10 ホスピスなどの施設で薬剤師の役割を実践できる
1-3-12 疼痛緩和ケアについて実践できる
1-3-14 末期患者の精神的ケアについて実践できる
1-3-16 認知症のケアについて実践できる
1-3-18 病気が患者に及ぼす心理的影響について説明できる
1-3-19 患者および家族の心理状態を把握し、配慮できる
1-3-20 患者やその家族のもつ価値観が多様であることを認識し、総合的に実践できる
1-3-23 家族力学について理解し、実践できる
1-4-4 患者やその家族が持つ精神的な問題点を把握することができる
1-4-5 患者やその家族が、直面する問題に前向きに対処できるようサポートできる
2-1-5 情報通信機器を活用した医療および医薬品情報を適切に収集できる
2-1-10 当該医薬品の費用対治療効果比を調べて説明できる
2-1-12 医療情報の信頼性やエビデンスレベルを検証できる
2-1-13 質の高い医療情報に基づいて適切な薬剤を提案できる
2-1-15 医薬品の臨床報告(英文)の内容を簡潔に説明できる
2-1-17 2つの変量の相関関係を定量的に説明できる
2-1-19 統計手法を用いる2つの平均値の有意差検定について詳しく説明できる
2-1-20 分散分析と多重比較について詳しく説明できる
2-1-21 正規分布を前提としない検定法について説明できる
2-1-22 添付文書やインタビューフォームの記載事項を、種々の学術情報の収集分析を通じて独自に検証できる
2-1-23 MRの提供情報を種々の学術情報の収集分析を通じて独自に検証できる
2-1-24 医薬品情報に対し、目的に応じた適切な取捨選択が行える
2-1-25 複数の学術資料を比較し、医薬品情報の信頼性や対立情報の有無を検証できる
2-1-26 体系的に収集・整理した医薬品情報の提供を、他の医療スタッフに対し適切に行える
2-1-27 体系的に収集・整理した医薬品情報を勉強会や学術集会で説明できる
2-1-31 直面する医薬品の調剤学的、製剤学的問題点について改善方法を提案できる
2-1-32 医薬品の調剤学的、製剤学的問題点の解決法を提案できる
2-1-33 直面する医薬品の生物薬剤学的、薬理学的問題点について改善方法を提案できる
2-1-35 無菌操作と無菌製剤を適切に行える
2-1-42 消毒対象に応じた適切な消毒薬の選択と消毒方法を提案できる
2-1-45 未知(未経験)の症例に対し、知識と経験と最新の医薬品情報に基づいて、具体的方策
を提案できる
2-1-47 母集団薬物動態パラメーターを用いて、投与量の妥当性を評価できる
2-2-6 不整脈に関する最新の学術情報や治療薬情報に基づいて治療指針を提案できる
2-2-9 心不全に関する最新の学術情報や治療薬情報に基づいて治療指針を提案できる
2-2-12 虚血性心疾患に関する最新の学術情報や治療薬情報に基づいて治療指針を提案できる
2-2-15 高血圧に関する最新の学術情報や治療薬情報に基づいて治療指針を提案できる
2-2-19 消化性潰瘍に関する最新の学術情報や治療薬情報に基づいて治療指針を提案できる
2-2-22 炎症性腸疾患に関する最新の学術情報や治療薬情報に基づいて治療指針を提案できる
2-2-25 腸炎に関する最新の学術情報や治療薬情報に基づいて治療指針を提案できる
2-2-28 肝炎・肝硬変に関する最新の学術情報や治療薬情報に基づいて治療指針を提案できる
2-2-31 膵炎に関する最新の学術情報や治療薬情報に基づいて治療指針を提案できる
2-2-35 腎不全に関する最新の学術情報や治療薬情報に基づいて治療指針を提案できる
2-2-38 ネフローゼに関する最新の学術情報や治療薬情報に基づいて治療指針を提案できる
2-2-43 喘息に関する最新の学術情報や治療薬情報に基づいて治療指針を提案できる
2-2-55 糖尿病とその合併症に関する最新の学術情報や治療薬情報に基づいて治療指針を提案できる
2-2-58 脂質代謝異常症に関する最新の学術情報や治療薬情報に基づいて治療指針を提案できる
2-2-61 高尿酸血症と痛風に関する最新の学術情報や治療薬情報に基づいて治療指針を提案できる
2-2-69 てんかんに関する最新の学術情報や治療薬情報に基づいて治療指針を提案できる
2-2-73 統合失調症に関する最新の学術情報や治療薬情報に基づいて治療指針を提案できる
2-2-76 うつ病、躁うつ病に関する最新の学術情報や治療薬情報に基づいて治療指針を提案できる
2-2-86 骨粗鬆症に関する最新の学術情報や治療薬情報に基づいて治療指針を提案できる
2-2-89 関節リウマチに関する最新の学術情報や治療薬情報に基づいて治療指針を提案できる
2-2-93 アナフィラキシー・ショックに関する最新の学術情報や治療薬情報に基づいて治療指針を提案できる
2-2-96 後天性免疫不全症に関する最新の学術情報や治療薬情報に基づいて治療指針を提案できる
2-2-106 臓器別悪性腫瘍に関する最新の学術情報や治療薬情報に基づいて治療指針を提案できる
2-2-108 代表的な抗悪性腫瘍薬の作用機序と臨床応用を詳しく説明できる
2-2-116 褥瘡の程度に応じて治療法を提案できる
2-2-132 薬物の初回通過効果の変動因子について詳しく説明できる
2-2-138 TDMのデータに基づいて適正な投与方法について提案できる
2-2-142 新生児、乳幼児、小児に対する薬物治療で適用外もしくは未確立のものについて、その有効性を客観的に評価し、エビデンスとして提案できる
2-2-147 妊婦に対する薬物治療で適用外もしくは未確立のものについて、その有効性を客観的
に評価し、エビデンスとして提案できる
2-2-156 期待する効果が現れない、もしくは不十分である場合の対処法について提案できる
2-2-157 医薬品適正使用の観点から、未知(未経験)の症例に対する薬物使用に関する最善の策を、知識と経験に基づいて提案できる
2-3-9 医療スタッフとの情報交換を通じ、医薬品の薬効に関する学術的考察ができ、それを科学的根拠として提案できる
2-3-12 医療スタッフとの情報交換を通じ、医薬品の副作用発生の学術的考察ができ、それを科学的根拠として提案できる
2-3-15 医療スタッフとの情報交換を通じ、薬物相互作用発生の学術的考察ができ、それを科学的根拠として提案できる
2-3-32 不適切な処方について、適切な事例もしくは代替案を提案できる
2-3-34 相互作用および副作用の回避策を、過去の事例や資料、および患者の状態を勘案して提案できる
2-3-35 医薬品の有害作用について、患者の心情に配慮して説明できる。
2-3-37 医師に対し、予測される、もしくは生じている医薬品の有害作用を適切に説明できる
2-3-39 相互作用と副作用の観点から、未知(未経験)の症例に対する最善の策を、知識と経験に基づいて提案できる
3-1-6 禁煙指導ができる
3-1-11 健康食品の最新情報を収集できる
3-1-12 病気の予防について適切に助言できる
3-1-14 顧客の要望を的確に把握し、必要とする情報を提供できる
3-1-15 医師への受診勧奨を適切に行うことができる
3-2-3 学校薬剤師として活動できる
3-2-5 訪問薬剤(居宅療養)管理指導業務を行うことができる
3-2-8 地域で麻薬や覚醒剤などの薬物乱用防止のための活動ができる
3-2-9 地域住民に対し医薬品の適正使用について啓発活動ができる
3-2-13 日用品に含まれる化学物質の危険性から回避するための方法を提案できる
3-2-14 誤飲や誤食による中毒に対して適切に助言できる
3-3-1 住民の家庭環境を把握し、適切に行動できる
3-3-2 居宅老人の介護状況を把握し、適切に対応できる
3-3-3 保健福祉活動の中で他職種と連携できる
3-4-4 災害発生時に適切な初期行動をとることができる
3-4-5 災害時に備えた適切な患者指導ができる
3-4-6 災害・緊急時に医薬品の供給と管理について指導できる
4-1-6 薬剤師が取り組む医療安全対策について、意義を理解し、要点を説明できる
4-2-2 医療過誤(事故)報告を分析し、その原因が解明できる
4-2-3 具体的な医療過誤(事故)防止対策が提案できる
4-2-4 実施中の医療過誤(事故)防止対策が評価できる
4-3-3 医療過誤(事故)発見時に適切に患者対応できる
4-3-4 医療過誤(事故)解決のため、適切に対処(行動)できる
4-3-5 メンタル面のフォローを含め医療過誤(事故)を起こした人に適切に対応できる
4-4-3 医療事故の起こりやすい因子について、詳しく説明できる
4-4-5 現場に即した医療事故防止のための業務手順書を作成できる
5-1-11 医療法の重要項目を説明できる
5-1-12 医師法の重要項目を列挙できる
5-1-13 医師法の重要項目について説明できる
5-1-14 健康保険法の重要項目を列挙できる
5-1-15 健康保険法の重要項目を説明できる
5-1-18 社会保障制度・医療保険制度を説明できる
5-1-19 介護保険法の重要項目について説明できる
5-1-21 処方せん偽造者及び薬剤師の問われる可能性がある責任について具体的法律を説明できる
5-1-22 薬事関連法規に基づき相談に対応できる

スポンサードリンク

読んでおきたい薬学関連書籍

薬学系のための統計学のススメ


楽天 送料無料 楽天スーパーポイントが貯まる!
Amazon 通常配送料無料
7neticon 送料無料キャンペーン中 nanacoポイントが貯まる!
bk1 2012年も全品送料無料
ブックオフicon 中古品を格安で手に入れられることも。探してみる価値あり!


スポンサードリンク

医学・薬学・看護系雑誌の定期購読

薬局薬局

薬剤師の臨床的センスをプロデュースする情報誌!
ワンランク上の薬剤師を目指している方にオススメです。
一冊:2160円(送料無料!)
出版社:南山堂  発行間隔:月刊
難易度★★☆⇒薬局 詳細

日経DI  PREMIUM 日経DI PREMIUM

他の薬剤師に差をつけたいあなたにぜひ。Premium版の記事を読めるのは定期購読だけ。
最安1冊689円!(送料無料)
難易度★☆☆⇒日経DI 詳細

調剤と情報 調剤と情報

調剤実務と医療品適正使用のための専門誌、調剤だけでなく在宅、長期実務実習、地域連携、病態の事などの特集も。薬剤師業務に必須な知識を幅広くかつ深く習得が可能。
一冊定価:1,685円 (送料無料!!)
難易度★★☆ ⇒調剤と情報 詳細

レシピプラス レシピプラス

臨床現場で注目されている薬剤や疾患を取り上げ、新人薬剤師には「やさしく」、先輩薬剤師には「くわしく・強くなる」をコンセプトに解説します。薬剤業務の悩みも解消、臨床力を磨ける季刊本です。
一冊定価:1,296円 (送料無料!!)
難易度★★☆ ⇒Rp.+(レシピプラス) 詳細

一緒に読みたい関連記事

最近の記事閲覧ランキング

薬剤師の転職

1.転職を考えている→薬剤師のための年収アップ・転職ガイド

2.転職先の薬局を既に決めた→その転職ちょっと待って!!

3.転職先の薬局を今探している→薬剤師の転職 正しい転職先の薬局の探し方

薬剤師のための年収アップ・転職ガイド


医学・薬学・看護系雑誌の定期購読

薬局薬局
薬剤師の臨床的センスをプロデュースする情報誌!
ワンランク上の薬剤師を目指している方にオススメです。
一冊:1995円(送料無料!)
出版社:南山堂
発行間隔:月刊
難易度★★☆⇒薬局 詳細

日経DI  PREMIUM 日経DI PREMIUM

他の薬剤師に差をつけたいあなたにぜひ。Premium版の記事を読めるのは定期購読だけ。

最安1冊655円!(送料無料)
難易度★☆☆⇒日経DI 詳細

調剤と情報 調剤と情報

調剤実務と医療品適正使用のための専門誌、調剤だけでなく在宅、長期実務実習、地域連携、病態の事などの特集も。薬剤師業務に必須な知識を幅広くかつ深く習得が可能。
一冊定価:1,638円 (送料無料!!)
難易度★★☆ ⇒調剤と情報 詳細

薬剤師の転職は今のうち(登録から転職後まですべて無料)


医薬品名から情報を検索する

医薬品検索(商品名で探す)


サイト内検索

キーワードを入れて検索ボタンを押してください。


サブコンテンツ

薬局
薬局


薬剤師の臨床的センスをプロデュースする情報誌!
ワンランク上の薬剤師を目指している方にオススメです。

薬局
一冊:1995円(送料無料!)
出版社:南山堂
発行間隔:月刊

難易度★★☆

日経DI  PREMIUM
日経DI PREMIUM


他の薬剤師に差をつけたいあなたにぜひ。Premium版の記事を読めるのは定期購読だけ。

日経DI PREMIUM
最安1冊655円!(送料無料)
難易度★☆☆

Rp.+(レシピプラス)
Rp.+(レシピプラス)


臨床現場で注目の薬剤や疾患を取り上げ、新人薬剤師には「やさしく」、先輩薬剤師には「くわしく・強くなる」をコンセプトに解説。薬剤業務の悩みも解消、臨床力を磨ける季刊本です。

Rp.+(レシピプラス)
最安1冊1296円(送料無料)
難易度★☆☆

調剤と情報
調剤と情報


調剤実務と医療品適正使用のための専門誌、調剤だけでなく在宅、長期実務実習、地域連携、病態の事などの特集も。薬剤師業務に必須な知識を幅広くかつ深く習得が可能。

調剤と情報
一冊定価:1,638円
難易度★★☆

薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中!

薬剤師なら転職する前に要チェック

薬剤師のための年収アップ・転職ガイド

このページの先頭へ