「アビガン錠200mg」タグの記事一覧

日本国内でエボラ出血熱の患者が発生した場合にもアビガン錠の投与が可能に

抗ウイルス薬

日本国内でエボラウイルス感染者が発生した場合、患者の同意を得ることを条件にアビガン錠(一般名:ファビピラビル)の投与が可能となりました。エボラ出血熱の治療には未承認であるとはいえ、海外の患者に対して効果が確認されています。今後日本国内にもエボラウイルスが上陸することは十分考えられますから、感染拡大を防ぐためにも治療薬を使用できるようにしておく(薬の準備、使用可能な環境づくり)ことが重要です。

富士フイルムの抗ウイルス薬アビガン錠のエボラ出血熱(エボラウイルス)への効果

抗ウイルス薬

アビガン錠(一般名:ファビピラビル)は富士フイルムグループの富山化学工業株式会社が製造販売承認を取得している抗インフルエンザウイルス治療薬。ウイルスの遺伝子複製を担うRNAポリメラーゼという酵素を阻害することでウイルス増殖を防ぐ。インフルエンザウイルスと増殖の過程がほぼ共通であるためエボラウイルスにも効果が期待できる。

2014年(平成26年)5月23日に薬価収載予定の新薬一覧

調剤報酬他

2014年(平成26年)5月に薬価収載予定の新薬一覧。商品名、一般名、製薬会社、特徴、薬価、発売日について。アテディオ配合錠、アプルウェイ錠20mg、デベルザ錠20mg、アビガン錠200mg、イクスタンジカプセル40mg、エフィエント錠3.75mg、エフィエント錠5mg、ザクラス配合錠LD、ザクラス配合錠HD、サムスカ錠30mg、タペンタ錠25mg、タペンタ錠50mg、タペンタ錠100mg、フォシーガ錠5mg、フォシーガ錠10mg、ラジムロ配合錠LD、ラジムロ配合錠HD、ルセフィ錠2.5mg、ルセフィ錠5mg、ロンサーフ配合錠T15、ロンサーフ配合錠T20、グラッシュビスタ外用液剤0.03%

ページの先頭へ