「メ」タグの記事一覧

メリスロンとセファドールの違い

抗めまい薬

メリスロン(メシル酸ベタヒスチン)とセファドール(ジフェニドール塩酸塩)は同じ「めまいの薬」ではありますが、その作用機序や起こりうる副作用には違いがあります。メリスロンとセファドール相違点についてまとめてみました。

メリスロン(ベタヒスチンメシル酸塩)

抗めまい薬

メリスロン(メシル酸ベタヒスチン)の特徴・作用機序・効能・効果・副作用などについてまとめています。メリスロン(メシル酸ベタヒスチン)は内耳循環改善作用、内頸動脈の血流量増加作用により、めまいを改善させる薬剤です。内耳毛細血管の透過性を調節することにより、内リンパ水腫を除去する作用もあります。メリスロンにはヒスタミン様作用があるため、注意が必要となる場合があります。

メキシチール(メキシレチン塩酸塩)

抗不整脈薬

メキシチールはVaughan Williams(ヴォーン ウィリアムス)分類では1b群(Naチャネル抑制作用、活動電位短縮)にあたる抗不整脈薬です。頻脈性不整脈の治療の他、糖尿病性神経障害の自覚症状の改善にも用いられることがあります。メキシチールカプセル(一般名:メキシレチン塩酸塩)の特徴、作用機序についてまとめました。

ページの先頭へ