「慢性閉塞性肺疾患」タグの記事一覧

投与期間(処方日数)制限が解除になる新薬(外用薬)一覧 2015年10月1日

調剤報酬他

投与期間(処方日数)制限が解除になる新薬(外用薬)一覧 2015年10月1日。2015年9月末で投与日数制限が解除となり、10月1日から長期処方が可能になる薬剤(外用薬)一覧です。アノーロエリプタ7吸入用、クレナフィン爪外用液10%、ドボベット軟膏の長期処方が可能となります。

ウルティブロ吸入用カプセルの長期処方

β2刺激薬 抗コリン薬

ウルティブロ吸入用カプセルの長期処方について。ウルティブロ吸入用カプセルはLAMAのシーブリとLABAのオンブレスの合剤です。シーブリもオンブレスも薬価収載後1年以上が経過しましたので、現在では投与日数制限が解除され長期処方が可能となっています。この2つの配合剤であるウルティブロ吸入用カプセルも他の合剤と同様に長期処方が可能なのかと思っていましたが、実はそうではありません。ウルティブロ吸入用カプセルの長期処方が解禁となるのは平成26年(2014年)12月1日からです。平成26年11月末までは1回14日分までの処方に制限されます。

COPD(慢性閉塞性肺疾患)の適応を持つ吸入薬一覧

β2刺激薬 抗コリン薬

COPDの適応を持つ吸入薬についてまとめてみました。COPD(慢性閉塞性肺疾患)の適応を持つ吸入薬についてまとめてみました。 長時間作用型β2刺激薬(LABA):オンブレス吸入用カプセル150μg(インダカテロールマレイン酸塩)、オーキシス9μgタービュヘイラー28吸入(ホルモテロールフマル酸塩)、セレベントディスカス・ロタディスク(サルメテロールキシナホ酸塩)。吸入ステロイド(ICS)と長時間作用型β2刺激薬(LABA)の合剤:シムビコートタービュヘイラー(ブデソニド/ホルモテロールフマル酸塩水和物)、アドエア250ディスカス(フルチカゾンプロピオン酸エステル/サルメテロールキシナホ酸塩)、アドエア125エアゾール(フルチカゾンプロピオン酸エステル/サルメテロールキシナホ酸塩)。長時間作用型抗コリン薬(LAMA):シーブリ吸入用カプセル50μg(グリコピロニウム臭化物)、スピリーバ2.5μgレスピマット60吸入(チオトロピウム臭化物)、スピリーバ吸入用カプセル18μg(チオトロピウム臭化物)。長時間作用型β2刺激薬(LABA)と長時間作用型抗コリン薬(LAMA)の合剤:QVA149(インダカテロール110μg/臭化グリコピロニウム50μg)※未発売。

オンブレス(LABA)とシーブリ(LAMA)の合剤

β2刺激薬 抗コリン薬

長時間作用性の抗コリン吸入薬のシーブリ吸入用カプセル50μg(一般名:グリコピロニウム臭化物)とインダカテロール(商品名:オンブレス吸入用カプセル)との合剤の開発が進んでいます。QVA149(一般名:インダカテロール110μg/臭化グリコピロニウム50μg)は開発中の1日1回の吸入薬で、長時間作用性β2刺激薬(LABA:Long Acting β2 Agonist)であるインダカテロールと、長時間作用性ムスカリン拮抗薬(LAMA:Long Acting Muscarinic Antagonist)臭化グリコピロニウム(NVA237)の固定用量の配合剤です。インダカテロールの量は、オンブレス吸入用カプセルは150μgに対して、配合剤は110μgとなっています。

ページの先頭へ