「月経困難症」タグの記事一覧

ルナベル配合錠LD・ルナベル配合錠ULDの副作用と服用上の注意点

婦人科系薬

ルナベル配合錠LD、ルナベル配合錠ULD服用中の方へ。主治医や薬剤師からすでに説明を受けていることと思いますが、この薬を服用するにあたっての注意点を再度確認したいと思います。ルナベル配合錠を服用中の方は血栓症(血管内に血のかたまりが詰まる病気)を起こす可能性があります血栓症は早期発見が大切です。定期的に受診をすることはもちろんですが、次のような症状が現れた場合にはすぐに救急医療機関を受診してください。突然の足の痛み・腫れ、手足の脱力・まひ、突然の息切れ、押しつぶされるような胸の痛み、激しい頭痛、舌のもつれ・しゃべりにくい、突然の視力障害(見えにくいところがある、視野が狭くなる)など。

ルナベル配合錠ULDは長期投与可能?

婦人科系薬

2013年(平成25年)8月に薬価収載されたルナベル配合錠ULDですが、1回14日分までしか処方できないのでしょうか?新薬は、薬価基準の収載の翌月の初日から起算して1年間は、原則、1回14日分を限度として投与又は投薬することとされています。ですが、ルナベル配合錠ULDについては、「本製剤の効能・効果に係る疾患の特性や治験の成績を勘案し、特例的に当該の投薬期間制限を14日間ではなく30日間として取り扱うこと。」とされています。つまり1回30日分までの処方が可能ということです。

ヤーズ配合錠の正しい飲み方(飲み始めの日、飲み忘れた場合の対処法など)

婦人科系薬

ヤーズ配合錠の正しい飲み方(飲み始めの日、飲み忘れた場合の対処法など)について。ヤーズ配合錠はバイエル薬品販売の月経困難症治療薬。1シートに淡赤色の錠剤が24錠と白色の錠剤4錠の計28錠が入っています。ヤーズ配合錠は飲み忘れないように特に注意する必要がある薬です。ヤーズ配合錠の正しい飲み方と飲み忘れ時の対処方法を確認しておきましょう。

ページの先頭へ