「経過措置」タグの記事一覧

プレミネント配合錠が名称変更 プレミネント配合錠LDへ

利尿薬 調剤報酬他 ARB

プレミネント配合錠(ロサルタンカリウム50mgとヒドロクロロチアジド12.5mgの合剤)の名称がプレミネント配合錠LDへ名称が変更されます。ロサルタンカリウムが100mg配合された高用量製剤である、プレミネント配合錠HDが発売されるための変更です。MSDによると、新名称製品プレミネント配合錠LDの出荷時期は2013年12月。注意すべきは経過措置期間の短さ。旧名称であるプレミネント配合錠の経過措置満了日が2014年3月31日と予定されています経過措置期限まで発売から3か月ちょっとしかありません。

アルデシンAQネーザル50μgが発売中止に 経過措置期限は?

ステロイド 耳鼻科系薬

アルデシンAQネーザル50μgの販売中止について。MSDより販売されているステロイド点鼻薬のアルデシンAQネーザル50μgが発売中止となります。経過措置品目となり、経過措置期限は平成26年3月31日(予定)。在庫が無くなるのが平成25年12月頃とのことです。販売中止に伴う代替品は、

平成25年(2013年)3月31日で経過措置期限が切れた医薬品とその代替品

調剤報酬他

平成25年3月31日で経過措置期限が切れた医薬品とその代替品です。チラーヂンS25・50・100(日本薬局方レボチロキシンナトリウム錠)は経過措置期間の設定がないため、旧販売名でも保険請求は可能。但し、レセプト電算コードが一定期間後に使用できなくなるので結局のところ現販売名への切り替えが必要です。平成25年3月31日で経過措置期限が切れた医薬品、アトック錠40μg、アトックドライシロップ40μg、アルタットカプセル37.5、アルタットカプセル75 、アルマール錠5、アルマール錠10、グロリアミン顆粒、セスジウム錠30mg、セブンイー・P配合カプセル、セレジスト錠5、トライコアカプセル67mg・100mg、メインテート錠0.625・2.5・5、リピディルカプセル67・100、コンドロン点眼液1%・3%、イノレット40R注・イノレット50R注、イノレットR注、イノレットN注、ノボリン40R注フレックスペン、ノボリン50R注フレックスペン、ノボリン30R注100単位/mL、ノボリンN注100単位/mL、ヒューマリン3/7注キット、ヒューマリンR注キット、ヒューマリンN注キット、ラピアクタ点滴用バッグ300m、ラピアクタ点滴用バイアル150mg

リゾチーム塩酸塩の再評価指定に伴う販売中止と経過措置

耳鼻科系薬

リゾチーム塩酸塩の再評価指定に伴う販売中止(発売中止)と経過措置。アクディーム、ノイチーム、レフトーゼのメーカーは再評価申請を決定しましたが、その他のメーカーは再評価の申請を断念し、リチーム、エリチーム、ミタチームは販売中止とすることを決めています。

ページの先頭へ