「緑内障」タグの記事一覧

タプコム配合点眼液(タフルプロスト/チモロールマレイン酸塩)

緑内障

タプコム配合点眼液(一般名:タフルプロスト/チモロールマレイン酸塩)は参天製薬から2014年11月25日発売された緑内障治療薬。「タプロス点眼液0.0015%」と「チモプトール点眼液0.5%」の配合剤です。薬価収載は2014年(平成26年)11月25日。2015年12月1日から長期処方が可能です。

アゾルガ配合懸濁性点眼液

緑内障

アゾルガ配合懸濁性点眼液はブリンゾラミドとチモロールマレイン酸塩含有の緑内障治療配合薬。エイゾプト懸濁性点眼液1%とチモプトール点眼液0.5%の配合剤です。日本アルコンからの発売で、薬価収載は2013年(平成25年)11月の予定です。作用機序、薬価、薬効、効能・効果、用法・用量について。

アイファガン点眼液0.1% 日本初のα2受容体アゴニスト緑内障治療薬

緑内障

アイファガン点眼液0.1%の特徴、作用機序、薬価、薬効、効能・効果、用法・用量、副作用について。 アイファガン点眼液0.1%(一般名:ブリモニジン酒石酸塩点眼液)は2012年5月11日に千寿製薬から発売された緑内障・高眼圧症治療の点眼薬。緑内障治療薬では国内初のアドレナリンα2受容体作動薬、保存剤として塩化ベンザルコニウム(BAC)を使用せず、日本で初めて亜塩素酸ナトリウムを使用した点眼液、ブリモニジン酒石酸塩は、米国アラガン社において開発されたアドレナリンα2 受容体に高い選択性を示す新規の眼圧下降薬であり、房水産生を抑制するとともに、ぶどう膜強膜流出路を介した房水流出を促進し、眼圧下降効果を示す。

ページの先頭へ