スポンサードリンク

「配合錠」タグの記事一覧

ザクラス配合錠LD/HDの薬価と発売日

ザクラス配合錠はアジルサルタンとアムロジピンの合剤。平成26年6月18日に武田薬品工業より発売されました。ザクラス配合錠LDとザクラス配合錠HDの薬価について。投与日数制限はかかりませんので、発売後すぐに長期処方が可能です。

タケルダ配合錠(ランソプラゾールとアスピリンの配合剤)

タケルダ配合錠(アスピリン/ランソプラゾール配合錠)の発売日:平成26年6月12日。武田薬品工業株式会社から発売されました。商品名でいうと、タケプロンOD錠15mgとバイアスピリン錠100mgの配合錠です。タケルダ配合錠の投与日数制限、薬価、製剤上の特徴について。

2014年(平成26年)5月23日に薬価収載予定の新薬一覧

2014年(平成26年)5月に薬価収載予定の新薬一覧。商品名、一般名、製薬会社、特徴、薬価、発売日について。アテディオ配合錠、アプルウェイ錠20mg、デベルザ錠20mg、アビガン錠200mg、イクスタンジカプセル40mg、エフィエント錠3.75mg、エフィエント錠5mg、ザクラス配合錠LD、ザクラス配合錠HD、サムスカ錠30mg、タペンタ錠25mg、タペンタ錠50mg、タペンタ錠100mg、フォシーガ錠5mg、フォシーガ錠10mg、ラジムロ配合錠LD、ラジムロ配合錠HD、ルセフィ錠2.5mg、ルセフィ錠5mg、ロンサーフ配合錠T15、ロンサーフ配合錠T20、グラッシュビスタ外用液剤0.03%

医薬品の命名法の通知まとめ(ジェネリック医薬品、配合剤)

医薬品の命名方法には決まりがあります。命名法の通知をまとめました。ジェネリック医薬品の命名方法(単剤)、ブランド名のジェネリック医薬品の一般的名称への変更(ジェネリックの名称変更)、配合剤の命名方法、配合剤のジェネリック医薬品の命名方法。

プレミネント配合錠HD(ロサルタンカリウム100mgとヒドロクロロチアジド12.5mgの配合錠)の薬価と発売日

プレミネント配合錠HDの薬価・発売日、長期処方の可否について。2014年(平成26年)4月8日にプレミネント配合錠HDが発売されました。プレミネント配合錠HDには、ARB(アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬)のロサルタンカリウム100mgと利尿薬ヒドロクロロチアジド12.5mgが配合されています。従来のプレミネント配合錠LDに加えて高用量のHDが使用可能になりました。LDもHDも投与日数制限はかかっていませんので長期処方可能です。薬価収載は2013年11月でプレミネント配合錠HD 1錠218.4円でした。発売日の前に薬価改定があり、現在の薬価は1錠208.4円です。

プレミネント配合錠が名称変更 プレミネント配合錠LDへ

プレミネント配合錠(ロサルタンカリウム50mgとヒドロクロロチアジド12.5mgの合剤)の名称がプレミネント配合錠LDへ名称が変更されます。ロサルタンカリウムが100mg配合された高用量製剤である、プレミネント配合錠HDが発売されるための変更です。MSDによると、新名称製品プレミネント配合錠LDの出荷時期は2013年12月。注意すべきは経過措置期間の短さ。旧名称であるプレミネント配合錠の経過措置満了日が2014年3月31日と予定されています経過措置期限まで発売から3か月ちょっとしかありません。

イルトラ配合錠LD/HD(イルベタンとフルイトランの合剤)

イルトラ配合錠の特徴、作用機序、薬価、薬効、効能・効果、用法・用量について。イルトラ配合錠はイルベタン(一般名:イルベサルタン)とフルイトラン(一般名:トリクロルメチアジド)の配合錠。イルトラ配合錠LDは1錠中にイルベサルタン100mg/トリクロルメチアジド1mg含有し、イルトラ配合錠HDは1錠中にイルベサルタン200mg/トリクロルメチアジドを1mg含有しています。

ディレグラ配合錠の発売日は?

ディレグラ配合錠(フェキソフェナジン塩酸塩30mgと塩酸プソイドエフェドリン60mgの配合錠)の発売日。サノフィから平成25年2月28日(木)に発売の予定です。ディレグラ配合錠の特徴、作用機序、薬価、薬効、効能・効果、用法・用量、副作用について。

アイミクス配合錠LD アイミクス配合錠HDの発売日

アイミクス配合錠LD、アイミクス配合錠HDの発売日は平成24年12月19日です。塩野義製薬と大日本住友製薬の併売(PTPシートは製薬会社のマークが違うだけだそうです)です。卸さんから購入を頼まれた薬局も多いのではないでしょうか?アイミクス配合錠LD、アイミクス配合錠HDともに発売と同時に長期投与が可能です。①同様の効能・効果、用法・用量の既収載品の組合せと考えられる新医療用配合剤など、有効成分にかかる効能・効果、用法・用量について、実質的に、既収載品によって1年以上の臨床使用経験があると認められる新医薬品については、新医薬品に係る処方日数制限を設けないこととする。投与日数制限はありませんので、処方がいきなり出るという可能性もありますね。アイミクス配合錠LD アイミクス配合錠HDの薬価アイミクス配合錠 イルベサルタン/アムロジピンベシル酸塩の配合剤

ミカムロ配合錠BPの製造販売が承認されました

ミカムロ配合錠BP(テルミサルタン80mg/アムロジピン5mgの配合錠)の製造販売が承認されました。薬価、発売日は現在のところ未定です。ミカムロ配合錠BPの添付文書によると、用法・用量:成人には1日1回1錠(テルミサルタン/アムロジピンとして40mg/5mg又は80m/5mg)を経口投与する。本剤は高血圧治療の第一選択薬として用いない。また、用法・用量に関連する使用上の注意として、ミカムロ配合錠BP(テルミサルタン/アムロジピンとして80mg/5mg)については、原則として、テルミサルタン80mg及びアムロジピン5mgを併用している場合、あるいは以下のいずれかを使用し血圧コントロールが不十分な場合に、本剤への切り春えを検討すること。

配合剤一覧(高血圧症・糖尿病・脂質異常症)

配合剤一覧2012年版(高血圧症・糖尿病・脂質異常症);高血圧症治療薬<ARBと利尿薬の配合剤><ARBとCa拮抗薬の配合剤>糖尿病治療薬<チアゾリジン系とビグアナイド薬の配合剤><チアゾリジン系とSU薬の配合剤><チアゾリジン系とDPP4阻害薬の配合剤><グリニド系とα-グルコシダーゼ阻害薬の配合剤><SU薬とビグアナイド薬の配合剤>高血圧・高コレステロール血症治療薬<Ca拮抗薬とスタチンの配合剤>

アイミクス配合錠 イルベサルタン/アムロジピンベシル酸塩の配合剤

2012年薬価収載のアイミクス配合錠LD、アイミクス配合錠HD錠(一般名:イルベサルタン/アムロジピン)の特徴、薬価、薬効、効能・効果、用法・用量、副作用について。アンジオテンシン受容体拮抗薬(ARB)のイルベサルタンと長時間作用型カルシウム拮抗薬のアムロジピンベシル酸塩との配合錠です。2012年11月の薬価収載が予定されていおり、発売は大日本住友製薬、塩野義製薬。イルベサルタンは、大日本住友製薬からアバプロ錠、塩野義製薬からイルベタン錠という商品名で既に発売されていますが、配合錠はアイミクス1ブランドとなるようです。配合の割合は

糖尿病治療薬 一覧表

糖尿病治療薬の一覧表(SU薬:スルホニル尿素薬、速攻型インスリン分泌促進薬、DPP-4阻害薬、GLP-1受容体作動薬、αGI:αグルコシダーゼ阻害薬、チアゾリジン誘導体、ビグアナイド薬、SGLT2阻害薬、糖尿病治療薬配合剤)

スポンサードリンク

カスタム検索
サブコンテンツ

薬局
薬局


薬剤師の臨床的センスをプロデュースする情報誌!
ワンランク上の薬剤師を目指している方にオススメです。

薬局
一冊:1995円(送料無料!)
出版社:南山堂
発行間隔:月刊

難易度★★☆

日経DI  PREMIUM
日経DI PREMIUM


他の薬剤師に差をつけたいあなたにぜひ。Premium版の記事を読めるのは定期購読だけ。

日経DI PREMIUM
最安1冊655円!(送料無料)
難易度★☆☆

Rp.+(レシピプラス)
Rp.+(レシピプラス)


臨床現場で注目の薬剤や疾患を取り上げ、新人薬剤師には「やさしく」、先輩薬剤師には「くわしく・強くなる」をコンセプトに解説。薬剤業務の悩みも解消、臨床力を磨ける季刊本です。

Rp.+(レシピプラス)
最安1冊1296円(送料無料)
難易度★☆☆

調剤と情報
調剤と情報


調剤実務と医療品適正使用のための専門誌、調剤だけでなく在宅、長期実務実習、地域連携、病態の事などの特集も。薬剤師業務に必須な知識を幅広くかつ深く習得が可能。

調剤と情報
一冊定価:1,638円
難易度★★☆

薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中!

薬剤師なら転職する前に要チェック

薬剤師のための年収アップ・転職ガイド

このページの先頭へ