「厚生労働省」タグの記事一覧

厚生労働省はジェネリック医薬品(後発薬)の使用割合80%超を目標に

ジェネリック・後発品

厚生労働省はジェネリック医薬品(後発薬)の使用割合を80%に引き上げる方針を固めたとのこと。達成時期は、厚生労働省は2020年度としたい考えだが、財務省は17年度内を求めているとも報じられました。ジェネリック医薬品(後発品)の使用率(数量ベース)80%の壁、ジェネリック医薬品数量ベースを増やすために薬局はどうすべきか?

「門前薬局」の報酬減額へ かかりつけ薬局への転換推進 全薬局「かかりつけ」

調剤報酬他

平成28年4月の調剤報酬改定ではいわゆる「門前薬局」の報酬が減額になる可能性が高いです。薬局は全国に約57,000件あり、そのうち「門前薬局」が7割を占めています。どういう形の報酬体系になるのかは未定ですが、減額は確定的です。厚生労働省は2025年までにかかりつけ薬局に再編するという検討に入りました。かかりつけ薬局とは。

調剤薬局ジェネリック変更関連通知のまとめ

調剤報酬他

調剤薬局でよく必要となる後発品への変更調剤や一般名処方に関する通知のまとめ。平成24年3月5日 保医発0305第12号処方せんに記載された医薬品の後発医薬品への変更について、平成24年3月5日 保医発0305第13号「診療報酬請求書等の記載要領等について」の一部改正について、昭和51年8月7日 保険発第82号別紙2の第5「処方せんの記載上の注意事項」、ジェネリック医薬品Q&A

ページの先頭へ