SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)にはうつ病・うつ状態、強迫性障害、社会不安障害、パニック障害の適応症がありますが、薬によって異なります。適応症の違いについて一度まとめてみることにします。

ルボックス
デプロメール
パキシル ジェイゾロフト レクサプロ
フルボキサミン パロキセチン セルトラリン エスシタロプラム
うつ病・うつ状態
強迫性障害
社会不安障害
うつ病・うつ状態
強迫性障害
社会不安障害
パニック障害
うつ病・うつ状態

パニック障害

うつ病・うつ状態
アステラス製薬
明治ファルマ
GSK ファイザー 持田製薬
2011年7月現在

2011年8月に発売予定のレクサプロ(エスシタロプラム)の適応は現在のところ、うつ病・うつ状態のみ。海外では強迫性障害、パニック障害の適応も取っていますので、早期に適応が拡大されることを期待します。

「SSRI適応症」関連