注目

睡眠薬の種類と特徴(作用機序別)

カテゴリー: [睡眠薬・抗不安薬]
記事公開日:2013年7月7日
最終更新日:2015年7月27日

現在使用可能な睡眠薬の種類

高齢化社会、ストレス社会の現代において睡眠薬を必要としている人が増えてきています。正しく使えば安全性が高く有効な薬ですが、今なお睡眠薬は危ないものと思っている方が少なくありません。正しく理解していただけるよう睡眠薬の特徴についてまとめました。


スポンサードリンク

現在国内で使用することができる睡眠薬には以下の6種類があります。

 

バルビツール酸系睡眠薬の特徴

バルビツール酸系睡眠薬(非バルビツール酸系睡眠薬も含む)は依存や耐性が起こりやすいため服用量が増えてしまうという傾向があります。高用量のバルビツール酸系睡眠薬を服用すると呼吸抑制が起こりやすくなるため、最近ではあまり使用されていません。

 

ベンゾジアゼピン系睡眠薬の特徴

ベンゾジアゼピン系睡眠薬(非ベンゾジアゼピン系睡眠薬も含む)はバルビツール酸系睡眠薬よりも依存や耐性が起こりにくく、また、作用する部位が大脳辺縁系に限られているので、高用量で服用した場合でも呼吸抑制を起こすことがほとんどありません(呼吸中枢は脳幹)。

 

 

ベンゾジアゼピン系とバルビツール酸系睡眠薬の作用機序の違い

ベンゾジアゼピン系もバルビツール酸系も脳内ニューロンのγ-アミノ酪酸(GABAA)受容体複合体のそれぞれの結合部位に結合します。

するとGABA(γ-アミノ酪酸)のGABAA受容体に対する親和性が増加し、GABAの作用が増強します。

GABAは脳内にある抑制系の神経伝達物質で、脳内シナプスのGABAA受容体に結合して塩化物イオン(Cl)の細胞内流入を促すことで神経活動を抑制するという働きがある。

GABAの受容体への作用が増強すると、Clチャネル開口に伴って細胞内のClが上昇。抑制性神経機能が亢進され眠りにつきやすくなります。

 

GABAA受容体に作用して睡眠を促すという作用は同じですが、ベンゾジアゼピン系とバルビツール酸系睡眠薬の作用機序には大きな違いがあります。

ベンゾジアゼピン系はGABAA受容体を介してのみ作用するので、生体内のGABA量を超えた作用が起こりませんが、バルビツール酸系は高用量になるとGABAA受容体を介さず直接Clチャネルに作用するため、鎮静作用が過剰になる危険性があります。

 

この違いにより、安全性の面から主流となったのはベンゾジアゼピン系(非ベンゾジアゼピン系含む)睡眠薬です。

 

読んでおきたい薬学関連書籍

合わせて読みたい関連書籍・医療系専門誌

スポンサードリンク

医学・薬学・看護系雑誌の定期購読

薬局薬局

薬剤師の臨床的センスをプロデュースする情報誌!
ワンランク上の薬剤師を目指している方にオススメです。
一冊:2160円(送料無料!)
出版社:南山堂  発行間隔:月刊
難易度★★☆⇒薬局 詳細

日経DI  PREMIUM 日経DI PREMIUM

他の薬剤師に差をつけたいあなたにぜひ。Premium版の記事を読めるのは定期購読だけ。
最安1冊689円!(送料無料)
難易度★☆☆⇒日経DI 詳細

調剤と情報 調剤と情報

調剤実務と医療品適正使用のための専門誌、調剤だけでなく在宅、長期実務実習、地域連携、病態の事などの特集も。薬剤師業務に必須な知識を幅広くかつ深く習得が可能。
一冊定価:1,685円 (送料無料!!)
難易度★★☆ ⇒調剤と情報 詳細

レシピプラス レシピプラス

臨床現場で注目されている薬剤や疾患を取り上げ、新人薬剤師には「やさしく」、先輩薬剤師には「くわしく・強くなる」をコンセプトに解説します。薬剤業務の悩みも解消、臨床力を磨ける季刊本です。
一冊定価:1,296円 (送料無料!!)
難易度★★☆ ⇒Rp.+(レシピプラス) 詳細

一緒に読みたい関連記事

最近の記事閲覧ランキング

薬剤師の転職

1.転職を考えている→薬剤師のための年収アップ・転職ガイド

2.転職先の薬局を既に決めた→その転職ちょっと待って!!

3.転職先の薬局を今探している→薬剤師の転職 正しい転職先の薬局の探し方

薬剤師のための年収アップ・転職ガイド


医学・薬学・看護系雑誌の定期購読

薬局薬局
薬剤師の臨床的センスをプロデュースする情報誌!
ワンランク上の薬剤師を目指している方にオススメです。
一冊:1995円(送料無料!)
出版社:南山堂
発行間隔:月刊
難易度★★☆⇒薬局 詳細

日経DI  PREMIUM 日経DI PREMIUM

他の薬剤師に差をつけたいあなたにぜひ。Premium版の記事を読めるのは定期購読だけ。

最安1冊655円!(送料無料)
難易度★☆☆⇒日経DI 詳細

調剤と情報 調剤と情報

調剤実務と医療品適正使用のための専門誌、調剤だけでなく在宅、長期実務実習、地域連携、病態の事などの特集も。薬剤師業務に必須な知識を幅広くかつ深く習得が可能。
一冊定価:1,638円 (送料無料!!)
難易度★★☆ ⇒調剤と情報 詳細

薬剤師の転職は今のうち(登録から転職後まですべて無料)


医薬品名から情報を検索する

医薬品検索(商品名で探す)


サイト内検索

キーワードを入れて検索ボタンを押してください。


サブコンテンツ

薬局
薬局


薬剤師の臨床的センスをプロデュースする情報誌!
ワンランク上の薬剤師を目指している方にオススメです。

薬局
一冊:1995円(送料無料!)
出版社:南山堂
発行間隔:月刊

難易度★★☆

日経DI  PREMIUM
日経DI PREMIUM


他の薬剤師に差をつけたいあなたにぜひ。Premium版の記事を読めるのは定期購読だけ。

日経DI PREMIUM
最安1冊655円!(送料無料)
難易度★☆☆

Rp.+(レシピプラス)
Rp.+(レシピプラス)


臨床現場で注目の薬剤や疾患を取り上げ、新人薬剤師には「やさしく」、先輩薬剤師には「くわしく・強くなる」をコンセプトに解説。薬剤業務の悩みも解消、臨床力を磨ける季刊本です。

Rp.+(レシピプラス)
最安1冊1296円(送料無料)
難易度★☆☆

調剤と情報
調剤と情報


調剤実務と医療品適正使用のための専門誌、調剤だけでなく在宅、長期実務実習、地域連携、病態の事などの特集も。薬剤師業務に必須な知識を幅広くかつ深く習得が可能。

調剤と情報
一冊定価:1,638円
難易度★★☆

薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中!

薬剤師なら転職する前に要チェック

薬剤師のための年収アップ・転職ガイド

このページの先頭へ