バップフォー(プロピベリン塩酸塩)の特徴・作用機序・効能・効果・副作用などについてまとめています。バップフォーは抗ムスカリン作用(抗コリン作用)とカルシウム拮抗作用をもつ薬剤で頻尿、尿失禁に対して用いられます。アセチルコリンの受容体サブタイプ非選択的ではありますが、血漿、顎下腺、脳に比べ、膀胱への移行性が高いため副作用が出にくくなっています。