セロトニン受容体サブタイプについて、作用、作動薬(アゴニスト)、拮抗薬(アンタゴニスト)、存在部位についてまとめました。