「点眼液」タグの記事一覧

アイファガン点眼液0.1% 日本初のα2受容体アゴニスト緑内障治療薬

緑内障

アイファガン点眼液0.1%の特徴、作用機序、薬価、薬効、効能・効果、用法・用量、副作用について。 アイファガン点眼液0.1%(一般名:ブリモニジン酒石酸塩点眼液)は2012年5月11日に千寿製薬から発売された緑内障・高眼圧症治療の点眼薬。緑内障治療薬では国内初のアドレナリンα2受容体作動薬、保存剤として塩化ベンザルコニウム(BAC)を使用せず、日本で初めて亜塩素酸ナトリウムを使用した点眼液、ブリモニジン酒石酸塩は、米国アラガン社において開発されたアドレナリンα2 受容体に高い選択性を示す新規の眼圧下降薬であり、房水産生を抑制するとともに、ぶどう膜強膜流出路を介した房水流出を促進し、眼圧下降効果を示す。

ムコスタ点眼液UD2%0.35mLの薬価

点眼液

ムチン産生促進作用をもつ、ドライアイ用点眼液のムコスタ点眼液UD2%が平成24年1月5日に発売されました。ムコスタ点眼液UD2%0.35mLの薬価は、1本27.1円です。1日4回点眼ですので、1日薬価は108.4円となります。

ムコスタ点眼液UD2%(レバミピド)

点眼液

大塚製薬からドライアイの適応を持つムコスタ点眼液UD2%が発売されました。1回使い捨ての無菌ディスポーザブルタイプの点眼液です。UDとはユニットドーズ(1回使い切り製剤)のこと。一般名はレバミピド。ムコスタ点眼液UD2%は、「涙液異常に伴う角結膜上皮障害が認められ、ドライアイと診断された患者」に用いることができるムチン産生促進点眼液です。レバミピドには胃粘液増加作用があり、既にムコスタ錠100mgとして内服薬が販売されています。胃だけでなく角膜や結膜にもムチンがありますが、ムコスタ点眼液により眼のムチンも増加させる働きがあることがわかり、角膜上皮障害改善効果、結膜上皮障害改善効果が認められました。ドライアイの適応を取得していますが、「涙液異常に伴う角結膜上皮障害が認められ、ドライアイと診断された患者に使用してください」という注意が添付文書に記載されています。

ページの先頭へ