「販売名変更」タグの記事一覧

平成25年(2013年)3月31日で経過措置期限が切れた医薬品とその代替品

調剤報酬他

平成25年3月31日で経過措置期限が切れた医薬品とその代替品です。チラーヂンS25・50・100(日本薬局方レボチロキシンナトリウム錠)は経過措置期間の設定がないため、旧販売名でも保険請求は可能。但し、レセプト電算コードが一定期間後に使用できなくなるので結局のところ現販売名への切り替えが必要です。平成25年3月31日で経過措置期限が切れた医薬品、アトック錠40μg、アトックドライシロップ40μg、アルタットカプセル37.5、アルタットカプセル75 、アルマール錠5、アルマール錠10、グロリアミン顆粒、セスジウム錠30mg、セブンイー・P配合カプセル、セレジスト錠5、トライコアカプセル67mg・100mg、メインテート錠0.625・2.5・5、リピディルカプセル67・100、コンドロン点眼液1%・3%、イノレット40R注・イノレット50R注、イノレットR注、イノレットN注、ノボリン40R注フレックスペン、ノボリン50R注フレックスペン、ノボリン30R注100単位/mL、ノボリンN注100単位/mL、ヒューマリン3/7注キット、ヒューマリンR注キット、ヒューマリンN注キット、ラピアクタ点滴用バッグ300m、ラピアクタ点滴用バイアル150mg

アマリール錠とアルマール錠のヒヤリハット事例

糖尿病 αβ遮断薬

スルホニルウレア系経口血糖降下剤のアマリール錠(一般名:グリメピリド)と高血圧症・狭心症・不整脈治療剤、本態性振戦治療剤のアルマール錠(一般名:アロチノロール塩酸塩) は似た名前であるため、以前から取り違えによる医療事故が発生しています。病院や薬局に対して再三注意喚起が行われていますが取り違えによる事故の発生はなくなっていないようです。大日本住友製薬は名称類似に関連した医療事故防止対策の一環として『アルマール錠5 /錠10』の販売名を変更するための申請を行いました。

ページの先頭へ