「インフルエンザ」タグの記事一覧

富士フイルムの抗ウイルス薬アビガン錠のエボラ出血熱(エボラウイルス)への効果

抗ウイルス薬

アビガン錠(一般名:ファビピラビル)は富士フイルムグループの富山化学工業株式会社が製造販売承認を取得している抗インフルエンザウイルス治療薬。ウイルスの遺伝子複製を担うRNAポリメラーゼという酵素を阻害することでウイルス増殖を防ぐ。インフルエンザウイルスと増殖の過程がほぼ共通であるためエボラウイルスにも効果が期待できる。

感染症の種類と出席停止期間の基準(学校保健安全法施行規則第19条)

調剤報酬他

インフルエンザの出席停止期間は2012年4月1日の改正により、「発症した後5日を経過し、かつ、解熱した後2日(幼児にあっては、3日)を経過するまで」(学校保健安全法施行規則第十九条)(2012年4月1日改正)と改正されました。百日咳は「特有の咳が消失するまで」だったものが、「特有の咳が消失するまで、または、5日間の適正な抗菌薬療法が終了するまで」に。流行性耳下腺炎は、「耳下腺の腫脹が消失するまで」から「「耳下腺,顎下腺又は舌下腺の腫脹が発現した後5日を経過し,かつ,全身状態が良好になるまで」と、それぞれ改正されています。 出席停止期間の基準(学校保健安全法施行規則第19条)まとめ。

インフルエンザの治療で抗生物質が処方されたが効果はありますか?

マクロライド系

インフルエンザの治療でクラリスという抗生物質が処方されたのですが効果はありますか?インフルエンザの治療にクラリス以外の抗生物質(フロモックス:一般名セフカペンピボキシルなど)が処方される場合もありますがこれはどういうことでしょうか。インフルエンザはウイルスが原因だから、細菌を殺す抗生物質ではインフルエンザには効果が無いのでは?という不安からくる質問でした。

ページの先頭へ