「脂質異常症」タグの記事一覧

配合剤一覧(高血圧症・糖尿病・脂質異常症)

利尿薬 ARB Ca拮抗薬 レニン系

配合剤一覧2012年版(高血圧症・糖尿病・脂質異常症);高血圧症治療薬<ARBと利尿薬の配合剤><ARBとCa拮抗薬の配合剤>糖尿病治療薬<チアゾリジン系とビグアナイド薬の配合剤><チアゾリジン系とSU薬の配合剤><チアゾリジン系とDPP4阻害薬の配合剤><グリニド系とα-グルコシダーゼ阻害薬の配合剤><SU薬とビグアナイド薬の配合剤>高血圧・高コレステロール血症治療薬<Ca拮抗薬とスタチンの配合剤>

ロトリガ粒状カプセル2g DHAとEPAサプリメント?高脂血症治療薬

不飽和脂肪酸

ロトリガ粒状カプセル2g(一般名:オメガ-3脂肪酸エチル)の特徴、作用機序、薬価、薬効、効能・効果、用法・用量、副作用について。ロトリガ粒状カプセルは武田薬品工業から発売予定の高脂血症治療薬。エパデールでおなじみのEPAと、魚油に多く含まれるDHAが含まれている製品です。ロトリガ1包(2g)中にイコサペント酸エチル(EPA-E)が約930mg、ドコサヘキサエン酸エチル(DHA-E)が約375mg、α-トコフェロールが4mg含まれているそうです。エパデール(イコサペント酸エチル)にはスイッチOTC化の話も出ていますし、サプリメントとしては昔からこの組み合わせで売られています。

リピディル錠80mg、53.3mg(フェノフィブラート)

フィブラート系

リピディル錠80mg、53.3mg(成分名:フェノフィブラート)は、2011年12月に発売予定のフィブラート系脂質異常症治療薬。現行品製剤リピディルカプセル100、同67の改良型。フェノフィブラートの溶出性を向上させることによりさらに吸収を改善させた製剤で、それぞれリピディルカプセル100、同67と同等の効果を示します。もともとリパンチルカプセルという商品名で販売されていましたが、2005年にフェノフィブラートを微粉化して吸収が良くなった改良型のリピディルカプセル100と同67が発売されました。リピディルカプセルはリパンチルカプセルの2/3の用量で同等の効果が認められています。リピディル錠80mgと同53.3mgは2回目の改良となります。

ページの先頭へ