「吸入薬」タグの記事一覧

フルティフォームエアゾール吸入用(フルチカゾンプロピオン酸エステル/ホルモテロールフマル酸塩水和物)

吸入ステロイド

フルティフォームエアゾール吸入用の特徴、作用機序、薬価、薬効、効能・効果、用法・用量について。吸入ステロイド剤(ICS)であるフルチカゾンプロピオン酸エステルと、長時間作用型β2受容体刺激薬(LABA)であるホルモテロールフマル酸塩水和物の合剤。pMDI(pressurized Metered Dose Inhaler 加圧式定量噴霧式吸入器)製剤の気管支喘息治療薬です

COPD(慢性閉塞性肺疾患)の適応を持つ吸入薬一覧

β2刺激薬 抗コリン薬

COPDの適応を持つ吸入薬についてまとめてみました。COPD(慢性閉塞性肺疾患)の適応を持つ吸入薬についてまとめてみました。 長時間作用型β2刺激薬(LABA):オンブレス吸入用カプセル150μg(インダカテロールマレイン酸塩)、オーキシス9μgタービュヘイラー28吸入(ホルモテロールフマル酸塩)、セレベントディスカス・ロタディスク(サルメテロールキシナホ酸塩)。吸入ステロイド(ICS)と長時間作用型β2刺激薬(LABA)の合剤:シムビコートタービュヘイラー(ブデソニド/ホルモテロールフマル酸塩水和物)、アドエア250ディスカス(フルチカゾンプロピオン酸エステル/サルメテロールキシナホ酸塩)、アドエア125エアゾール(フルチカゾンプロピオン酸エステル/サルメテロールキシナホ酸塩)。長時間作用型抗コリン薬(LAMA):シーブリ吸入用カプセル50μg(グリコピロニウム臭化物)、スピリーバ2.5μgレスピマット60吸入(チオトロピウム臭化物)、スピリーバ吸入用カプセル18μg(チオトロピウム臭化物)。長時間作用型β2刺激薬(LABA)と長時間作用型抗コリン薬(LAMA)の合剤:QVA149(インダカテロール110μg/臭化グリコピロニウム50μg)※未発売。

オンブレス吸入用カプセル(インダカテロールマレイン酸塩)

β2刺激薬

オンブレス吸入用カプセル(一般名:インダカテロールマレイン酸塩)は平成23年9月20日にノバルティスファーマ株式会社から発売された慢性閉塞性肺疾患(COPD:Chronic Obstructive Pulmonary Disease)治療の吸入薬。インダカテロールマレイン酸塩は長時間作用性吸入β2刺激剤(LABA:long acting β2 agonist)。特徴:吸入後5分から気管支拡張効果が発現し、1日1回の吸入で呼吸機能改善効果が24時間持続する、即効性と持続性の両方を兼ね備えた初めての長時間作用性吸入β2刺激剤。

ページの先頭へ